鎌倉彫けずり夫婦箸桐箱入

鎌倉彫を世界に向けて発信
鎌倉彫伝統工芸士
「鎌倉彫」は鎌倉時代、中国から伝わった彫漆品の影響を受けた仏師が、その意匠を基に新たな木彫彩漆の仏具を作りはじめたと言われています。
カツラやイチョウなどの木を用いて木地を成形し、文様を彫り、その上に漆を塗って仕上げた工芸品で、鎌倉市及びその周辺地域で造られたものをいいます。
昭和54年、経済産業省の「伝統工芸品」に指定されています。
鎌倉彫けずり夫婦箸(桐箱入り)


◆800年の歴史を有する鎌倉彫◆
鎌倉彫とは、カツラやイチョウなどの木を用いて木地を成形し、文様を彫り、その上に漆を塗って仕上げた工芸品です。鎌倉市及びその周辺地域で作られたものを言います。
800年の歴史を有する鎌倉彫を身近に感じてもらえる、日常使いが出来る箸。鎌倉彫の歴史を感じる贅沢な逸品です。タガヤという堅い素材をけずり、漆を10回塗り重ねています。刃目(のみめ)が手になじみ、日常使いの箸が“暮らしを豊かに”もたらしてくれます。
ご自宅づかいはもちろん、お祝、引き出物などご進物にもおすすめです。桐箱に入っていますので、ご用途に合わせお使いください。
ひとつひとつ丁寧に仕上げているので、お時間をいただくことがあります。

「鎌倉彫」は、長い伝統の中で創意と工夫が重ねられた「匠の技」である「工芸品」として、“かながわの名産100選”に選定されています。
「かながわの名産100選」は、昭和60年より神奈川県の伝統と風土に培われた、物産(工芸品、加工食品、農林水産品等)の中から県民の皆様からの推薦を受けて、かながわの名産と呼ぶに相応しい100の品目を選定したものです。




◆小園 敏樹(おぞの としき) 略歴◆
1958年鎌倉に生まれる
1979年凸版印刷(株)入社約3年間勤務
1982年彫刻家 佐藤廣佐氏に師事
1983年家事を継ぎ小園漆工房にて木工、漆工、彫刻を修業(1990年まで)
1983年〜鎌倉彫創作展にて創作大賞、県知事賞など二十数回受賞
1984年〜愛好家に鎌倉彫の指導を行う。(後の園彫会)
1987年〜高岡クラフトコンペ、朝日現代クラフト展、伊丹クラフト、全国漆器展など入選入賞
1989年造形美術家 斎藤寿一氏に師事
1990年木工・漆工・鎌倉彫ギャラリー工房「小園」設立
1995年〜日本クラフト展入選、以後十数回入選
1997年日本クラフト展優秀賞受賞
2000年現代鎌倉彫コンペティション銀賞受賞
2004年鎌倉彫伝統工芸士に認定
2005年鎌倉山の麓に漆工房「青樹庵」設立
2008年鎌倉彫優秀技能者認定
鎌倉市優秀技能者表彰
2009年日本クラフト展奨励賞受賞
2010年日本クラフト展審査員
2013年鎌倉彫創作展 創作大賞受賞

【主な活動】
■日本橋眦膕亜銀座松屋、博多大丸、広島福屋、京都小西、阪急百貨店などで個展・グループ展出展
■日本クラフト札幌展、名古屋展、広島展など出展
■サンフランシスコ、バルセロナ、トレドなどで海外展出展
■青山学院大学卒業
■(社)クラフトデザイン協会正会員、鎌倉彫園彫会会長、鎌倉彫みその会副会長


商品の詳細
数・内容1箱2膳 桐箱入り
原産地・加工地<原産地>インドネシア <加工地>鎌倉市
保存方法常温 直射日光不可
原材料タガヤ・漆
製造・生産者鎌倉彫工房「青樹庵」
型番 025001
販売価格
7,560円(税込)
購入数
送料は販売価格に含まれています
800年の歴史を有する伝統工芸鎌倉彫。鎌倉彫の歴史を感じる贅沢な逸品を日常使いのできる箸に。“暮らしを豊かに”。


かながわ発祥の商品
かながわ屋ってどんな店

かながわの魅力伝え隊