曽我の梅里5種セット

小田原曽我梅林育ち自家農園加工
温暖な気候に恵まれて育ちました




富士山を望む十郎梅の梅林
青梅のやさしく上品な香り
「かながわの魅力伝え隊」第10回は、小田原市にある昇珠園をおたずねしました。
お相手してくれたのは、昇珠園の穂坂さんご夫妻です。

神奈川県西部に位置する小田原市は、全国的にも有名な梅の産地です。 昇珠園の梅が育つ別所梅林は、清水と言う地名の所には曽我山から湧き出たミネラル豊富な地下水が流れています。

十郎梅ってかわいいでしょう!

「ネットに落ちている梅に気を付けてね。」と穂坂さんが梅畑へと案内してくれました。
一歩梅畑に踏み入れると、うっとりするほど梅のいい香りが!青梅のやさしく上品な香りに包まれ、思わず何度も深呼吸。足元の梅に気を付けながら、奥へと進みます。


「見て、十郎梅ってかわいいでしょう!」
ふっくらと愛らしい十郎梅を手に、ニコニコ顔で話してくれました。

「青梅は梅の実が若く青い時に収穫をします。私たちにとって梅は子どものよう。どの梅が収穫の時期かを選定するのは、主人と私だけ。
1年を通して愛情込めた梅を収穫する時は、子どもが旅立つ想いなの。」と話してくれました。
今年は例年に比べて不作の年だそう。
天候や自然に左右されてしまい、毎春の収穫できる量は異なります。時には、手塩にかけた梅たちが害虫にやられてしまうことも。

「梅がすくすく成長するよう木の剪定を工夫してみたり、梅のためなら手間を惜しみません。」と穂坂さんが話してくれました。

梅畑に敷かれたネットには梅がコロコロ。この梅たちはどうするのですか?と質問しました。

「自然落下した梅は、“完全完熟の梅”なのよ。養分をたくわえた完熟の梅は、これ以上養分蓄えられなくなり自然に落下します。この後、漬け込み作業を行い、梅干しや梅ジャムなどの加工品にします。」と話してくれました。

なるほど。この梅たちは、“愛情たっぷり、美味しさぎゅっ”っと詰まっている証拠ですね!
神奈川県知事賞受賞
夫婦二人三脚で育んだ完熟十郎梅干し
小田原の梅は歴史が古く、戦国時代の武将北条氏が統治していた以前から梅の栽培がおこなわれていたと言われています。
江戸時代には、旅人が箱根八里を越える際に弁当が傷むのを防ぐため、また、道中での喉の渇きをいやし、疲労回復の必需品として使用されていたことから「東海道中膝栗毛」にも小田原の梅が登場します。

十郎梅は小田原で育種・命名された小田原オリジナル品種で、果肉が厚くやわらかいことから、梅干用品種の最秀品とされています。 先代より受け継ぎ60年。“美味しさは、素材から”をモットーに、夫婦二人三脚で大切に育てています。愛情込めて育てた十郎梅は、「完熟十郎梅干し」生産農園として神奈川県知事賞を二度受賞。

「毎年2月頃には小田原梅まつりが開かれます。梅の花を背景にした富士山が絶景です。一度は足を運んでもらいたい。」と穂坂さんが話してくれました。


梅の話をしている時のご夫妻の表情から、梅に込める愛情の深さを感じることができました。ふっくらとした十郎梅の実は、穂坂さんご夫妻の愛情がたっぷり詰まった証です。

穂坂さんご夫妻、スタッフのみなさん、お忙しいところありがとうございました。



◆“美味しさは、素材から”◆
南に相模湾、西に箱根連山。日本一の富士山を見渡す温暖な気候と自然に恵まれた小田原曽我梅林。
“本当に良い物、美味しい物を作りたい”というこだわりですべて自家農園産、自家農園加工で行っております。
昇珠園では、毎年手塩に掛けて大切に育てた十郎梅を100%使用しました。栽培から加工までひとつひとつ丁寧に、心を込めて作りあげています。2度の神奈川県知事賞受賞をはじめ、多くのお客様にご愛顧いただいております。ぜひ一度、完熟十郎梅の味をお楽しみください。

■十郎梅干し
温暖な気候と自然に恵まれた小田原曽我梅林の自家農園で大切に育てた樹上完熟の十郎梅。
皮が薄くて、実がたっぷり。塩のみで漬け込んだ、昔ながらの無添加梅干しです。

■梅肉
完熟十郎梅の果肉そのままに丁寧に種を外しました。炒め物からスティック野菜の付け合せ、おにぎりにどうぞ。

■梅の雫
真夏の三日三晩天日干しをしっかりとした昔ながらの梅干。樽の一番底に残る汁は、完熟梅の薄い皮の表面からにじみ出たものです。この辺りでは、“梅の雫”と呼んでいます。ドレッシングやすし飯に少量加えるとさわやかな味と梅の香りが絶妙。炭酸水やはちみつなどを加えて、梅ジュースにも!

■季節のジャム
自家農園で収穫出来た旬のフルーツをギュッと詰め込んだ自然の風味豊かなジャムです。

■自家農園栽培のレモンや花梨で作った手作りフルーツソース
ヨーグルトのソースに最適!
※ジャムやフルーツソースは【季節商品】のため、いずれか2個がセットされます。


「小田原の梅干し」は、神奈川の海と大地の豊かな恵みを受けた「山の幸」である「農林水産品」として、“かながわの名産100選”に選定されています。
「かながわの名産100選」は、昭和60年より神奈川県の伝統と風土に培われた、物産(工芸品、加工食品、農林水産品等)の中から県民の皆様からの推薦を受けて、かながわの名産と呼ぶに相応しい100の品目を選定したものです。


商品の詳細
数・内容完熟十郎梅干し700g樽、完熟十郎梅の梅肉180g、梅の雫200g、季節のジャム、フルーツソース
※フルーツソースは時期によりジャム×2個になります。
原産地・加工地<原産地>神奈川県小田原市 <加工地>神奈川県小田原市
賞味期限梅干し、梅肉、梅の雫13ヶ月、ジャム6ヶ月、フルーツソース 3ヶ月
保存方法常温保存。開封後はお早めにお召上がり下さい。
製造・生産者昇珠園
型番 027003
販売価格
6,400円(税込)
購入数
送料は販売価格に含まれています
小田原曽我梅林育ちの完熟十郎梅干しを始め、すべて自家農園産、手作り商品の詰め合わせセットです。
価格で絞り込む


かながわ発祥の商品
かながわ屋ってどんな店

かながわの魅力伝え隊