逗子小坪産あかもく3種セット

逗子の豊かな海で育まれた
磯香る海からの贈り物


◆逗子の食材で町おこし
毎夏、日本で最も早く海開きをすることで有名な逗子海岸。ここは観光地としての顔とは別に豊かな漁場でもあります。 逗子の豊かな海で育ったあかもく。あかもくは、わかめ・もずくよりもミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム)を豊富に含んだ、“ねばねば&シャキシャキ”とした食感が特徴の海藻です。逗子の豊かな海で育まれたあかもくは小坪漁港で水揚げし、その日のうちに空気のよい小高い丘の上で丁寧に天日干ししています。

あかもくは、地方により「ギバサ」など別の呼び名で呼ばれ、東北や九州の一部では昔から食べる習慣があります。しかし、関東では釣船のスクリューに絡みつく嫌われ者として「邪魔もく」と呼ばれ、捨てられていた海藻でした。このあかもくを使って、逗子の町おこしができないかと考え、逗子市商工会と地元漁師さんの協力によりあかもくシリーズの商品が完成しました。

同シリーズの「逗子小坪産あかもく7種セット」が、第1期・逗子暮らしのセレクション金賞および鈴木英人審査員特別賞を受賞しました。
*「逗子暮らしのセレクション」とは、地元逗子市民が親しみ、愛する商品やサービス、また地元事業者が誇りを持って提供する商品やサービスをを認定するまちの魅力を伝えるブランド事業です。


◆社員総出であかもく干し◆
寒風が吹き荒ぶ季節、朝早い時間からあかもく漁は始まります。
長い棒の先に小さな鎌がついている道具で、あかもくをすくい取るように刈っていきます。できるだけあかもくの根を傷つけないよう行います。揺れる船の上ではとても根気がいる難しい作業です。
水揚げしたら、社長はじめ社員総出で干していきます。午前中の陽が出ている間に、あかもくを冷たく乾いた風にさらさなければいけません。からまっているツルを丁寧にほどきながら、全て手作業で行っていきます。干し終えた後は、数時間おきに束になっている部分をほぐしていきます。こうして手間と愛情をかけてでき上がった“天日干しあかもく”を加工していきます。



◆海の恵みスーパーフード◆
近年あかもくのさまざまな研究が進められ、注目を浴びるようになってきました。 免疫力を高めるフコイダンや脂肪燃焼効果が期待されるフコキサンチンをはじめ、ポリフェノール、難消化性の食物繊維、ナトリウムの排出を促すカリウム。また、からだの機能のバランスをとるカルシウム、マグネシウム、鉄といったミネラル類など、現代人にうれしい栄養成分が豊富に含まれていると言われています。

あかもく醤油
あかもくを漬け込んだとろみのある約38%減塩醤油です。海藻由来のとろみとコクが調和し香り豊かに仕上がりました。醤油だけだと物足りないなという方におすすめです。料理の下味として、焼き魚、野菜炒め、豆腐、焼肉などにもお使いいただけます。


あかもくポン酢
あかもくと北海道産の昆布を伝統製法の柿酢と本醸造醤油に漬け込んだポン酢です。湯豆腐や鍋物、しゃぶしゃぶのつけだれ、サラダのドレッシングなど。磯の香りとぽん酢ならではのさわやかな風味が特徴。


あかもく酢
あかもくを漬けこんだ風味豊かなお酢です。ツンとくる刺激が少なく、上品な酸味に磯の香りと海藻の旨味が口にいっぱい広がります。酢の物やドレッシング、麺類や野菜炒め、ドリンク酢にもおすすめです。


◆今日の食事が明日の命へ
毎日口にするものだから、安全でおいしくなければならないとTAC21は考えています。これらの商品はすべて化学調味料、合成食品添加物不使用です。おいしい食べ物は笑顔を運び、人を幸せにしてくれます。今日の食事が明日への命を育むように、今選んだ食事が未来の健康と若々しさにつながります。
逗子の香りとからだが喜ぶ美味しさをあなたの食卓に。地元逗子の自然を愛する気持ちから生まれた逸品です。







商品の詳細  
数・内容あかもく醤油・あかもくぽん酢・あかもく酢各120ml 計3品
原産地・加工地<原材料>神奈川県逗子市
賞味期限あかもくぽん酢・あかもく酢1年、あかもく醤油1年6ヶ月
保存方法直射日光、高温多湿を避け、常温で保存してください。
開封後は各商品の裏面をご確認のうえなるべく早くお召し上がりください。
製造者・販売者株式会社TAC21
型番 076003
販売価格
2,500円(税込)
購入数
送料は販売価格に含まれています
逗子の豊かな海で育ったあかもくシリーズ3品。逗子の香りとからだが喜ぶ美味しさをあなたの食卓にお届けします。


■期間限定10%引き2017■

■夏ギフト2017■

かながわ発祥の商品
かながわ屋ってどんな店

かながわの魅力伝え隊