瀬谷の小麦ビール6本セット

ビールを広める 生産者を広める
神奈川産小麦 「瀬谷の小麦」物語


◆横浜・瀬谷の小麦物語
横浜市瀬谷区で代々続いている「岩農園」は、岩英一さん、岩良一さんの親子で営む専業農家です。
横浜の宅地化の進む中、古くから受け継ぐ農地を守り、地域の畜産農家で作られる堆肥を使い、出来る限り化学肥料や農薬に頼らない農業を続けています。
昭和30年頃横浜市内の中でも小麦の栽培が多かった瀬谷も、現在小麦を出荷している農家は岩農園だけになってしまいました。
◆伝えたいのは「モノ」ではなく「ヒト」
「瀬谷で小麦を作っているのをたくさんの人に知ってほしい」という岩さんの思いからスタートした2016年。岩さん指導の元、横浜ビールスタッフ一同で種まき、麦踏み、刈取りをお手伝いさせていただきました。
そんな岩さんと横浜ビールの想いが詰まったビールが完成しました。

2016年6月に収穫した小麦を使用した「瀬谷の小麦ビール」。
岩さんの優しい人柄が表れたかのような、まろやかですっきりとした口当たりに仕上がりました。何杯飲んでも飲み飽きないウィートエールです。素材の良さを生かしたシンプルな造りで、いろいろなお食事と一緒にお楽しみいただけます。
瓶のパッケージには、岩崎農園の小麦を背景に岩崎さんがやさしく微笑む姿をデザインしました。
生産者の人柄、熱い思いをビールを介して伝えていければと思っています。
私たちが造ったビールを飲んだ皆さまが、自分の育った土地に想いを馳せ、家族・地域の方々に“ありがとう”を伝えたくなるような、そんな誇らしいビールをお届けします。



かながわ屋


かながわ屋
「かながわの魅力伝え隊」第1回は、横浜ビールが飲めるお店、横浜市中区にあるレストラン驛の食卓さんへお伺いしました。お相手してくれたのは、株式会社横浜ビール営業担当の石戸谷さんです。
横浜ビールの魅力
  • Face to face “お客様との距離感”です。 人との関わりが「信頼」を生むように、お客様との距離感を大切にしています。
取材している最中も、たくさんのお客様がご来店。
「いらっしゃいませ。あ、どうもこんにちは。」、お客様が「最近ね・・・」と顔なじみの様子。
お客様がスタッフの方と笑顔で話す様子から、お客様との距離の近さを感じた瞬間でした。


家でも横浜ビールを
おいしく飲むポイントは?
  • あまり冷やしすぎず、8℃前後がおすすめです。

    かながわ屋
    飲み口が広いグラスよりも、チューリップ型のグラス(写真左)で飲むと、よりビールの香りが堪能できます。
    注ぎ方は、最初は思い切りよく、泡が立つように注ぎます。
    香りが引き立つとともに、ビールに溶け込んだ炭酸が少し抜けることによって、 ビールそのものの味を楽しめます。
    泡が落ち着いてきたら、先ほどよりも優しく継ぎ足して完成です。
    ビールを注いでから5分‥手の温度で味・香りが変化していくので、その変化を楽しんでください。

手の温度で香りや味が変わると聞いて驚きでした!
一口目のビールの美味しさに気を取られていたので、これからはビールの味・香りの変化を楽しみながら味わいたいと思います。
かながわ屋
おいしい飲み方は伝授してもらったけれど、もっとおいしく横浜ビールを楽しみたい!
横浜ビールに合うお料理は?
かながわ屋
  • ヴァイツェンは、お魚やチーズがおすすめです。香りが良いので、日本酒が好きな人は好きかもしれません。
    ラガーは、味がしっかりとしているのでお肉と合わせると良いですね。
    ピルスナーは、揚げ物・ナッツなど。比較的どんな料理でも合わせやすいテイストです。
石戸谷さんの好きな銘柄は?と聞いたところ、「個人的に好きなのはピルスナーです。」と答えてくれました。
石戸谷さんおすすめのピルスナー飲んでみたいと思います。

今後の展開について
  • 現在、瀬谷区で作られた小麦を原料にした「瀬谷ビール」を販売しています。
    過去には、ドラゴンフルーツ(横浜・小机)や桃(横浜・綱島)ビールなどを限定で販売し、地元横浜/神奈川産の食材を使用した、地域に根差したビール作ってきました。
    生産者の方と協力し、お客様が笑顔になれるビール造りを展開していきたいと思っています。
かながわ屋
ビール製造工程に潜入
ビールのラベル貼りの作業を見学していると・・・「ラベル貼りに挑戦してみますか?」と。
とてもスムーズに作業をしていたので、わたしにも出来るかも?と思い挑戦してみたら・・・ 



かながわ屋
かながわ屋
ビールへの強いこだわり
作り手と飲み手の顔が見える空間
かながわ屋
横浜ビールの魅力、おいしい飲み方、製造工程などいろいろなお話を聞いて、ビールに込める想いの強さを感じました。
仕込み、ビン詰め、ラベル貼り。機械を用いながらもポイントの作業は必ず人の手が加わっています。
ビール飲んだ時のお客様の笑顔、おいしいと喜ぶ顔を間近で見ているから、1本1本に“想いを込めて”ビールを作ることが出来るんだと思いました。

お会いして気になったのが、横浜ビールのスッタフTシャツ。
よく見ると、、、実はTシャツのデザインにまでビールがモチーフに!ビールへの想いをTシャツに込めて‥同じ想いを背負っている姿がカッコイイなと感じました。

石戸谷さん、お店のスタッフの皆さん、お忙しいところありがとうございました。 かながわ屋


商品の詳細    
数・内容瀬谷の小麦ビール330ml×6本
※こちら商品はクール便でのお届けです。
原産地・加工地<原産地>小麦 神奈川県横浜市
賞味期限製造より150日
保存方法要冷蔵(10℃以下)で保存
特定原材料原材料の一部に小麦を含む
製造・生産者株式会社横浜ビール

注意ボックスのタブ
【未成年者への酒類の販売はいたしておりません】
※メールにて年齢確認をさせていただきます。
●クール便でのお届けとなります。
●冷蔵商品のため、包装の対応をいたしておりません。
型番 015002
販売価格
4,104円(税込)
購入数
送料は販売価格に含まれています
神奈川産小麦を使用した横浜・瀬谷の小麦ビール。素材を生かしたまろやかですっきりとしたやさしい味わいです。
価格で絞り込む


かながわ発祥の商品
かながわ屋ってどんな店

かながわの魅力伝え隊