季月もなか9個詰め合わせ

先人の心を受け継ぐ
大正二年から続くおもてなしの心



◆コロンとした形がかわいい最中◆
箱を開けるとコロンとした形がかわいい最中が顔を覗かせます。当舗の最中は「焦がし色」「薄緑色」「薄紅色」のカラフルな色合いが特徴です。薄緑色はこしあん、薄紅色はキャラメルあん、焦がし色は小豆あんで仕上げました。三色の彩りは「愉しさ」を、真ん丸い形は、「円満」を表わしています。
食べやすい小ぶりな形に仕上げ、どれを食べようかと迷うのも楽しみのひとつです。

もなかの由来として、平安時代の歌集「拾遺集」に「水の面に 照る月なみを かぶふれば 今宵ぞ秋の もなかなりけり」とあります。「もなか」とは、陰暦十五夜の月。すなわち中秋の名月のことで、水に映った満月によせる深い思いが詠まれています。古より人々の心を魅了した真ん丸い月の象徴が、江戸時代頃から菓名にも用いられたようです。

東照店内合成
「かながわの魅力伝え隊」第3回は、川崎市川崎区で和菓子を販売する東照さんへお伺いしました。
お相手してくれたのは、東照の岩瀬会長さんです。
百年以上続く理由
会長インタビュー
地元の方に愛され、信頼されることが一番だと考えています。
終戦後、原材料高騰により仕入れることができず、お菓子を作ることができない時期もありました。
その中で原材料を必死にかき集め、お菓子を作ることができたときには、お客様が殺到し大行列となりました。

甘いものに飢えていたあの時代、和菓子を食べて体力回復、故郷に帰るときのお土産として重宝されたことから、ここまで続いたと思っています。
伝え隊ブレイク
地域に根差した商品づくり
砂子資料館
この辺りは、東海道川崎宿の面影が今もなお残っています。
東海道川崎宿をテーマとした「川崎・砂子の里資料館」(現在閉館)、川崎宿の歴史・文化を伝える「東海道かわさき宿交流館」が並んでいます。

交流館が出来たことをきっかけに、歴史ある場所にお店があること、当時の人はどんな食事をしていたのかなど考えるようになりました。
川崎の歴史を伝える商品として、東海道川崎宿の万年屋によって提供されていた「奈良茶飯」の当時のレシピを活かし、現代風にアレンジしました。
江戸時代に外食文化の先駆けとして愛されていたと言われている「奈良茶飯」は、十返舎一九の東海道中膝栗毛にて紹介されるなどたいへん好評を得た名物として伝えられています。

東照の奈良茶飯は、うるち米ともち米に甘露栗、炒った大豆、あわや小豆を加え、お茶の風味でおこわに仕上げました。
この「奈良茶飯」を通じて、川崎の地域交流を深めるとともに、賑わいのある町づくりに貢献できればと思っています。
こんな歴史があったんですね。残念ながら、奈良茶飯は店舗限定の販売です。(ごめんなさい…)
実際お店に来て奈良茶飯を食べながら、東海道川崎宿の歴史を感じて下さいね!
伝え隊ブレイク
和菓子を広めていきたい
会長は語る
「若い世代の人にも食べてもらえる和菓子づくりを目指していきたい」と話す、岩瀬会長。
“洋菓子風だけど実は和菓子”、“コーヒーに合う和菓子”といったように、幅広い世代の人に和菓子に興味をもってもらったり、食べてもらえるような和菓子づくりを目指していきたいです。
日本独特の繊細な和菓子文化は、次の世代へと伝えていかなければと思っています。

岩瀬会長の和菓子に対する思いの深さを感じることが出来ました。
岩瀬会長、お店のスタッフの皆さん、お忙しいところありがとうございました。



◆おもてなしの心を大切に◆
古くから作られてきた和菓子は、世界に誇るお菓子の傑作です。大正2年創業、「より川崎らしく」「より美味しい和菓子」づくりに精進しております。先陣の精神から受け継がれてきた日本人の繊細な美への追求、おもてなしの心を大切にお菓子づくりに心がけております。

私たち日本人は、人生の大切な日を祝います。東照の和菓子は、そんな大切な日に彩りを添える名脇役です。ご家庭でのお茶請け菓子としてはもちろん、東海道五十三次・川崎宿で知られるご当地ならではの心のこもった贈り物として、なにとぞ末永くご愛顧くださいませ。






商品の詳細
数・内容小豆あん3個、こしあん3個、キャラメルあん3個 計9個
原産地・加工地<原産地>あずき(北海道)<加工地>神奈川県川崎市
賞味期限製造日より20日
保存方法常温
特定原材料特定原材料は使用していません。乳・卵・小麦の商品を含む製品を製造しております。  
製造・生産者株式会社東照
型番 020008
販売価格
2,344円(税込)
購入数
送料は販売価格に含まれています
コロンとした形がかわいい最中の3種セット。小豆あん、こしあん、キャラメルあんの3種がお楽しみいただけます。
価格で絞り込む


かながわ発祥の商品
かながわ屋ってどんな店

かながわの魅力伝え隊